ユニコーン、奥田民生のディスコグラフィ

Profile : アルバム「BOOM」でデビュー。  代表曲:「大迷惑」等
80年代のバンドブームに乗って人気を博したがアルバムによる活動がメインのためか、シングルの発売数は少ない。アルバム「服部」のインパクトあるジャケットはその後気志團のアルバムにも起用されている。ボーカルの奥田民生は解散後の1994年にソロデビューし、自身はもちろんPuffyのプロデュースや井上陽水とのコラボレーションなど第一線で活躍しているのはご存知の通り。気合を入れてがんばっているというようなものではなく肩の力を抜いたお気楽なポジションにいるのが長くやっていける秘訣なのかもしれない。
今年はユニコーンの結成20周年ということもあり、他のアーティストによるトリビュート盤が発売されたりしていて注目が高まっている時期である。奥田民生ソロとしても初のベストアルバムを発売した。
ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン

ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン
ユニコーンの代表曲を収めた定番ベストアルバム。

(1993年発売 CD)

記念ライダー1号 ~奥田民生シングルコレクション~

記念ライダー1号
記念ライダー2号 ~オクダタミオシングルコレクション~

記念ライダー2号
これまでに発売した全てのシングルとファンの投票により選定したアルバム曲の全30曲を2枚に分けて収録している。

(2007年発売 CD)

コメント