1997年のミュージックシーン

シングルやアルバム、人気のあったアーティストなどを各年別にピックアップし、
その年の音楽業界を振り返ります。

 

▼1997年間シングルアーティスト別ランキング(上位30作品から抽出)

181920 1位 安室奈美恵

  「CAN YOU CELEBRATE?」  「a walk in the park」
「How to be a Girl」

2位 KinKi Kids

  「硝子の少年」

3位 Le Couple

  「ひだまりの詩」

4位 globe

  「FACE」 「Can’t Stop Fallin’ in Love」 「Wanderin’ Destiny」

5位 SPEED

  「STEADY」 「White Love」 「Wake Me Up!」
「Go! Go! Heaven」

6位 今井美樹

  「PRIDE」

7位 TK PRESENTS こねっと

  「YOU ARE THE ONE」

8位 Mr.Children

  「Everything」

9位 GLAY

  「HOWEVER」 「口唇」

10位 猿岩石

  「白い雲のように」

11位 ポケットビスケッツ  「Red Angel」
12位 華原朋美  「Hate tell a lie」 「LOVE IS ALL MUSIC」
13位 河村隆一  「Glass」 「BEAT」 「I love you」 「Love is..」
14位 B’z  「Calling」 「Liar! Liar!」 「FIREBALL」
15位 Puffy  「渚にまつわるエトセトラ」 「サーキットの娘」
16位 SMAP  「SHAKE」 「セロリ」 「ダイナマイト」
17位 T.M.Revolution  「HIGH PRESSURE」 「WHITE BREATH」
18位 川本真琴  「1/2」
19位 坂本龍一 featuring Sister M  「The Other Side of Love」
20位 長渕剛  「ひまわり」

この年は1位の安室奈美恵を筆頭に小室ファミリーのアーティストが音楽界を席巻しました。彼らが一同に集結した「YOU ARE THE ONE」はそれを象徴していると思います。そしてドラマで人気を博し満を持してデビューを果たしたKinKi KidsやSPEEDなど若いアイドル達も活躍したともいえるでしょう。そして猿岩石は「電波少年」のヒッチハイクで有名になり爆風スランプの応援歌と共に本人達も歌手としてデビュー曲「白い雲のように」をリリースしてヒットさせました。ポケットビスケッツもそうですがこの頃はまだテレビのタイアップ等の影響が強くドラマ主題歌はもちろん、番組企画として本業以外のタレントが歌うというものがドキュメンタリーな演出と共に視聴者が応援するというかたちで売れていくという手法が見られました。

 

▼1997年間ベストアルバムランキング

1位 GLAY

  「REVIEW ~BEST OF GLAY」

2位 ZARD

  「ZARD BLEND ~SUNandSTONE~」

3位 DREAMS COME TRUE

  「BEST OF DREAMS COME TRUE」

4位 槇原敬之

  「SMILING ~THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA」

5位 MAX

  「MAXIMUM」

この年に売れたベストアルバムの筆頭といえばGLAYでしょう。シングルでも快進撃を飛ばしていてまさに旬のアーティストと言えました。そして安室奈美恵と共に活動してきたMAXも初のベストがヒットしてバックダンサー的な位置付けから4人グループで独自のイメージを確立できたのはお見事でした。他のベスト盤に関しては90年代前半に絶頂期だったアーティストの集大成ともいえる作品がしめています。今となっては90年代後半のシングルを網羅したベスト盤が発売されているため上記の作品はもう役割を果たし終えたのではないかとも思います。

 

▼1997年にデビューしたアーティスト

この年はKinKi Kidsのデビューが世間を騒がせていたことで記憶にも新しいと思います。そして広末涼子や松たか子といったドラマで活躍する人達が歌手でも注目されるというかたちで、デビューから注目されていたのは彼らくらいで他のアーティストは翌年以降に徐々に認知されていったという印象があります。また翌98年に女性アーティストを始めとした大物が登場して世代交代を感じさせる前夜ともいえる年でした。それによってSPEED等の90年代中盤にデビュー、活躍したアーティストのピークもこのあたりといえるでしょう。小室哲哉プロデュースの音楽もそれ以降は縮小していったように思いました。

コメント

  1. Mr.Children B-SIDE

    1992年5月10日、1stアルバム『Everything』でデビューしてから満15年。2007年5月10日に『Mr.Children』初のB面ベストアルバム『B-SIDE』が発売された。今までに発表されたB面曲(カップリング曲)で、どのアルバムにも収録されていない曲だけを集めたアルバムである。実はB面ベストアルバムの計画は以前からあがっていた。2001年にデビュー10周年直前記念に発売されたベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children…