1974年のミュージックシーン

シングルやアルバム、人気のあったアーティストなどを各年別にピックアップし、
その年の音楽業界を振り返ります。

 

▼1974年間シングルアーティスト別ランキング

1位 殿さまキングス

  「なみだの操」 「夫婦鏡」

2位 小坂明子

  「あなた」

3位 中条きよし

  「うそ」 「うすなさけ」

4位 中村雅俊

  「ふれあい」

5位 フィンガー5

  「恋のダイヤル6700」 「学園天国」
「個人授業」 「恋のアメリカン・フットボール」

6位 渡哲也

  「くちなしの花」

7位 西城秀樹

  「激しい恋」 「愛の十字架」
「薔薇の鎖」 「傷だらけのローラ」

8位 布施明

  「積木の部屋」

9位 沢田研二

  「追憶」 「魅せられた夜」 「恋は邪魔もの」

10位 りりィ

  「私は泣いています」

11位 グレープ  「精霊流し」
12位 アグネス・チャン  「小さな恋の物語」 「星に願いを」
13位 山口百恵  「ひと夏の経験」 「ちっぽけな感傷」
14位 郷ひろみ  「よろしく哀愁」 「花とみつばち」 「モナリザの秘密」
15位 山本コータローとウイークエンド  「岬めぐり」
16位 梓みちよ  「二人でお酒を」
17位 五木ひろし  「夜空」 「浜昼顔」
18位 森進一  「冬の旅」 「襟裳岬」 「さらば友よ」
19位 八代亜紀  「愛ひとすじ」 「しのび恋」
20位 チェリッシュ  「恋の風車」 「白いギター」

この年はフィンガー5の人気がすごかったようですね。彼らは後にあの人は今等の番組で再結成、当時の思い出話を聞かせてくれますが人気のあった頃の苦労や成長に伴なう声変わりのこと、人気が下降してからのことなどスターにはそれなりの悩みがあるんだなとしみじみと感じます。山口百恵は横須賀ストーリーあたりから不動の人気といったイメージがあったのですが、それ以前の楽曲でも上位に来ているため早いうちから売れていたんですね。70年代前半というと自分も生まれていないためわからないこともおおいですが、アーティストの面々を見る限り知っている人も多く現在でも見かける人達はもう大ベテランというか大御所といった雰囲気ですね。

 

▼1974年にデビューしたアーティスト

この年は女性アーティストの、それも歌唱力の高い面々がデビューしていますね。しかしデビュー当時から人気があったというわけでなく、地道に活動してじわじわと支持されていった人達が多いと思います。

 

▼1974年のコンピレーションCD
この年に人気のあった歌は下記の「青春歌年鑑」等、レコード会社の垣根を越えて1つにまとめた作品として発売されています。シングルランキングの上位に入っている曲も多数収録されています。
青春歌年鑑 1974  続・青春歌年鑑 1974
青春歌年鑑 1974年

コメント