2000年のミュージックシーン

シングルやアルバム、人気のあったアーティストなどを各年別にピックアップし、
その年の音楽業界を振り返ります。

 

▼2000年間シングルアーティスト別ランキング

1位 サザンオールスターズ

  「TSUNAMI」 「HOTEL PACIFIC」

2位 福山雅治

  「桜坂」 「HEAVEN」

3位 宇多田ヒカル

  「Wait & See」 「For You/タイム・リミット」
「Addicted To You」

4位 倉木麻衣

  「Love, Day After Tomorrow」 「Secret of my heart」
「Stay by my side」

5位 浜崎あゆみ

  「SEASONS」 「vogue」 「Far away」

6位 SMAP

  「らいおんハート」

7位 モーニング娘。

  「恋のダンスサイト」 「ハッピーサマーウェディング」 「I WISH」

8位 B’z

  「今夜月の見える丘に」 「May」 「Juice」 「RING」

9位 プッチモニ

  「ちょこっとLOVE」

10位 L’Arc~en~Ciel

  「NEO UNIVERSE/finale」 「STAY AWAY」

11位  大泉逸郎  「孫」
12位  慎吾ママ  「慎吾ママのおはロック」
13位  GLAY  「とまどい/SPECIAL THANKS」 「MERMAID」 「HAPPINESS」
14位  MISIA  「Everything」
15位  KinKi Kids  「夏の王様」 「好きになってく 愛してく」
16位  Mr.Children  「口笛」 「NOT FOUND」
17位  小柳ゆき  「愛情」 「あなたのキスを数えましょう」 「be alive」
18位  椎名林檎  「ギブス」 「罪と罰」 「本能」
19位  ポルノグラフィティ  「サウダージ」
20位  安室奈美恵  「NEVER END」

この年は1位、2位ともテレビ番組の企画「未来日記」の主題歌が占めていますね。そしてそれ以降の順位は宇多田ヒカル、倉木麻衣、浜崎あゆみ、モーニング娘。の次世代女性歌手が人気だったとうことが伺えます。この年はSPEEDの解散もあったり年間ランキング常連の安室奈美恵にしても当時の勢いがなくなったりして歌手の世代交代を感じさせるものがありました。他には「孫」「真吾ママ」「プッチモニ」などもこの年を代表する曲、アーティストといえるでしょう。

 

▼2000年間ベストアルバムランキング

1位 DREAMS COME TRUE

  「DREAMS COME TRUE GREATEST HITS “THE SOUL”」

2位 JUDY AND MARY

  「FRESH」

3位 スピッツ

  「RECYCLE」

4位 福山雅治

  「MAGNUM COLLECTION」

5位 KinKi Kids

  「KinKi Single Selection」

この年に売れたベストアルバムを見渡してみると90年代中盤に大ヒットを飛ばしたアーティストのものが多いですね。ドリカムはそれ以前からの活躍ですがキンキの初ベストに関してみても当時のミュージックシーンにおいてトップだったと言うことが見て取れます。そして3位のスピッツのベストは本人達の意向に反して発売されたいわくつきのアルバムとして有名ですね。その後にきちんとしたベストを2枚発売しています。

 

▼2000年にデビューしたアーティスト

この年も有名なアーティストがたくさんデビューしたと思います。しかしブレイク時期も様々なのでアーティスト同士の共通点みたいなのはあまりないような気がします。

コメント