2005年のミュージックシーン

シングルやアルバム、人気のあったアーティストなどを各年別にピックアップし、
その年の音楽業界を振り返ります。

 

▼2005年間シングルアーティスト別ランキング

1位 修二と彰

  「青春アミーゴ」

2位 ケツメイシ

  「さくら」

3位 Mr.Children

  「四次元 Four Dimensions」

4位 ORANGE RANGE

  「アスタリスク」 「ラヴ・パレード」 「お願い!セニョリータ」 「キズナ」

5位 GLAY×EXILE

  「SCREAM」

6位 KinKi Kids

  「Anniversary」 「ビロードの闇」

7位 B’z

  「OCEAN」 「愛のバクダン」

8位 トラジ・ハイジ

  「ファンタスティポ」

9位 NANA starring MIKA NAKASHIMA

  「GLAMOROUS SKY」

10位 D-51

  「NO MORE CRY」

11位  SMAP  「BANG! BANG! バカンス!」 「友だちへ」
12位  コブクロ  「ここにしか咲かない花」
13位  サザンオールスターズ  「愛と欲望の日々」 「BOHBO No.5」
14位  BENNIE K  「Dreamland」
15位  REIRA starring YUNA ITO  「ENDLESS STORY」
16位 浜崎あゆみ  「STEP you」 「HEAVEN」 「fairyland」
17位  Janne Da Arc  「月光花」
18位  大塚愛  「SMILY/ビー玉」 「プラネタリウム」
19位  とんがりキッズ  「トンガリキッズ」
20位  アンダーグラフ  「ツバサ」

この年のランキングを見ていると、1回限り発表したグループやコラボレーション、映画等の企画ソングなどどことなく一発屋的なものが多かったような気がします。確かにはやっていたものの数年前とはいえいまでも活躍しているグループが残っているかといえばそうでない様な気がしますね。ケツメイシの「さくら」は森山、河口に続いて大ヒットしましたが翌年は同じようなタイトルで出したアーティストはいたのでしょうか?またオレンジレンジもこの年が絶頂期ともいえますね。ジャニーズ勢も人気で固定ファンを獲得したアーティストが長年売れていくという傾向がよく現れていると思います。

 

▼2005年間ベストアルバムランキング

1位 EXILE

  「PERFECT BEST」

2位 倖田來未

  「Best~first things」

3位  BOA

  「BEST OF SOUL」

4位 ゆず

  「Home」

5位 KinKi Kids

  「KinKi Single Selection」

EXILEの人気がじわじわと上がってきて、倖田來未も初のベストアルバム発売で注目を集め、レコード大賞も獲得したこともあり、この2つのエイベックスアーティストは2000年代前半デビューでありながらもブレイクするまでの下積み時代が長かったともいえます。売れてからはエイベックス特有の売り出し方で供給過多みたいな形になってしまうのが残念でもありますが今でも第一線で頑張っていますね。あとはゆずのベスト盤がこの年に発売されて、テレビで歌うことが少なかったり、ベストを出さないアーティストとしてファンを大事にしているみたいな感じで見られていた気もしますがここに来て集大成となる作品を出せたのは感無量なのではないかと思います。

 

▼2005年にデビューしたアーティスト

この年は名前を知っていながらもどんな曲を出したかまでは管理人自身は把握できませんでした。メジャーデビューする前から売れていたアーティストもあり、今となってはメジャーレコード会社の力を借りなくても売れるものは売れるという時代になったのかもしれません。

コメント