Winkの作品

Profile : 「Suger Baby Love」でデビュー。  代表曲:「愛が止まらない」等
Winkは80年代の終りに人気を博し、無表情で人形みたいな振付け、外国曲のカバーなど、そういった要素が一緒になって売れ、これまでに登場してきた女性デュオの中でも最も成功した一つといえる。活動休止してからは2人それぞれ活動しているようだが事務所が違うこともあってか2人が顔を揃えたり再結成する話を聞かないので寂しくも思う。2007-2008年にかけてWinkデビュー20周年を記念してBOX発売などが行われているが構成、ジャケット処理やリマスター処理などいろんな面において不満が残るものが多く、ファンの間でも評価が悪かったりしている。Winkのメンバー2人が関わっていないことやレコード会社であるポリスターの経営事情などいろんな面で憶測を呼ぶことになった。
WINK CD SINGLE COLLECTION~1988‐1996シングル全曲集~

Wink SINGLE COLLECTION
WinkのシングルCDを発売数収めたボックス。ベスト盤(MEMORIES+BacK to Front)を買えば数枚で納まるのに嵩張ってしまう構成や、シングル復刻ながらもジャケットは無機質なものだったり、特典となるリミックス音源に関しても品質に難ありとのことでファンの間では散々な評価である。

(2007年発売 26枚組CD)

WINK ALBUM COLLECTION 1988-2000 アルバム全曲集

Wink ALBUM COLLECTION
これまでに発売されたアルバム作品を収めたボックス。シングルボックスの発売時の評価が悪かったため今作ではその点が見直されている。ジャケット等のアートワークについては良くなったものの、音質についてはやはり難点があるようだ。

(2008年発売 20枚組CD)

WINKVisual Collection~1988-1996 ヴィジュアル全集~

Wink VISUAL COLLECTION
Winkの映像作品を全て収めたDVDボックス。これまでに発売されたものに加えて未発表ライブの映像を特典として収録している。20周年企画の3作品の中ではいちばんいい出来である。

(2008年発売 14枚組DVD)

MEMORIES 88~96

MEMORIES 88~96
Wink解散時に発売された、全てのシングルを網羅したベスト。

(1996年発売 2枚組CD)

BacK to Front

BacK to Front
シングルのB面を収録した作品。Winkの楽曲においても評価の高い作品が多い。

(1995年発売 2枚組CD)

コメント